更新:2020年1月30日


<Top Photo 2月 香櫨園浜での野鳥観察2020.1.30

今年は暖冬の影響?か、香櫨園浜に例年飛来するカモ類やユリカモメなどの冬鳥も少ないようです。

オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、スズガモ、マガモなどと出会えます。


<2月の自然>2020.1.30

〈キダチアロエ〉

 多肉植物。寒くなり、花の少ない時期に道端や庭に植えられたアロエに朱色の花が咲きよく目立ちます。このアロエの仲間は500種類もあり、食用や化粧品、薬として使われるものもあります。

〈ハマシギ〉

 春と秋に渡りで飛来します。冬場は群れは少ないですが干潟や護岸などでよく目につきます。干潟や護岸の石の間などでカニやゴカイなどの小動物を探し出して食べます。季節により河口などで群れをよく見ます。

〈ロウバイ〉

 蝋細工のような花からこの名が付きました。花の少ない2月ごろに黄色の花をやや下向きに付けて咲きます。早いものは12月ごろから咲き、香りが強く冬枯れの中に黄色とともに目立ちます。植栽されているのが多いようです。 



NEW!!【2月例会 特別講演会 & 総会】2020.1.15

特別講演「未来のために知っておきたい 海とプラスチックの話」

講 師:原田禎夫氏(大阪商業大学准教授)

日 時:2020年2月1日 14:00~15:30 (受付13:30)

会 場:西宮市民会館502中会議室(〒662-0918 兵庫県西宮市六湛寺町10−11)

※ 特別講演会終了後、総会を行います。会員の方はご参加のほどよろしくお願いいたします。16:30終了予定


NEW!!【協会設立45周年 特別講演会「目からうろこの天気予報(南 利幸氏)」】参加者募集2020.1.15

 当協会は2020年に45周年を迎えました。NHKの天気予報をはじめ、テレビ・ラジオでおなじみの南 利幸さんをお招きし、下記の講演会を開催いたします。ぜひ多数の方のご参加をお待ちしております。

申込不要、当日直接会場にお越しください(参加費無料)

 演 題:「目からうろこの天気予報~変化している気象情報~」

 講 師:南 利幸氏(気象予報士)

 日 時:2020年3月12日 14:00~15:30(受付13:00より)

 会 場:ホテルヒューイット甲子園 鳴尾西の間(旧ノボテル甲子園)

 主 催:西宮自然保護協会 後 援:浜・川・山の自然たんけん隊

 協 賛:甲子園ロータリクラブ

 ※ 環境学習都市にしのみや・パートナーシッププラグラム認定事業



【2020年西宮の自然カレンダー】2019.12.25

 2020年の西宮の自然カレンダーができました。会員の皆さんから提供された四季折々の写真が添えられています。ぜひ2020年の暮らしのお供に使っていただければ嬉しいです。

 お手数ですが、左記ファイルをダウンロードしていただき、プリントしてお使いください。

ダウンロード
2020.pdf
PDFファイル 1.1 MB



【関係団体からのご案内】】


<協会だより 第8号(2019.8発行)>2019.8.8

 「協会だより」8号が出来上がりました。8月~11月までの行事案内です。

見どころ、どんな場所かなども書いていますので参考にされてぜひご参加ください。

右記ファイルをクリックすると拡大してご覧いただけます。

過去のバックナンバーはこちら

ダウンロード
第8号2019年8月発行.pdf
PDFファイル 967.7 KB


<機関誌さざなみ№37(2018)ができました>

 

【主な内容】

 ● 2018年1月総会 特別講演会

  「イヌとヒト:人類史から民族誌を考える」 野林 厚志(国立民族学博物館教授)

 ● 西宮市内におけるツマグロキチョウの生息動向

 ● 芦屋市市域の生物調査中間報告

 ● 甲山で見られる昆虫(甲虫以外)の中間報告

 ● 2017年例会報告  他

← 左記ファイルをクリックで一部内容を見られます。



文章・写真などの転載、リンクを行った場合は事務局までご一報ください。

Copyright2013 Nsihinomiya Nature Conservation Organization All right reserved.